2021年2月23日

2021年天皇誕生日に御正体山

 初めての御正体山(みしょうたいさん)。

定番の山と高原地図2つ(高尾・陣馬と富士山)

を持参して準備してきたのですが、登り始めでまさかの迷子!林道から川沿いの旧登山道に入る所で崖崩れが起きていて登山道入り口が不明瞭(というか、そもそも登山道ではない!?)で2度引き返そうと思いましたが左側の斜面を登った所に林道があることが分かっていたので道なき道を進むことにしました。

林道から旧登山道への分岐付近

この道には入らず林道を進むことをお勧めします


道なき道を進む羽目に!

やっと林道に出た!

2021年2月21日

2021年2月 黒岳、釈迦ヶ岳、御坂山から天下茶屋

 朝5時半に出発、7時過ぎに三ツ峠入口の駐車スペースに到着したのですが、駐車スペースは工事車両が数台停まっていて閉鎖されていました。天下茶屋まで車で行けるようでしたが、ここから御坂峠まで登る予定だったので迷った挙句、工事車両の邪魔にならないように道の脇に停めました。


新道峠近くの林道が立入禁止とのこと

およそ1時間で御坂峠まで。昔は茶屋があったようです。御坂峠までの峠道は今はあまり使われていないようですが、昔は馬や籠が通ったであろう幅広の歩きやすい道でした。





2021年2月14日

2021年2月 武甲山

 晴天続きだったのでノーマルタイヤでも駐車場までアクセスできると判断して武甲山へ。自宅を6時に出て下道を使って8時に到着。入間から先には下道で行ったことなかったけど299号線、走りやすかったです!


初めての武甲山、素直に表参道から登りました。途中雪道になりましたが踏み固められていたためアイゼン無しで山頂まで行けました。

2021年2月13日

最近読んだ本:天皇の国史 Kindle版

 前回紹介した『アマテラスの暗号』の作者の伊勢谷さんが言及していた竹田恒泰著『天皇の国史』

を先日電子書籍で購入、昨日ようやく読了しました。最初読み終えるまでの時間が14時間以上と表示されていてなかなか進みませんでしたが、考えてみると日本の歴史を有史以前から始めて現代までの通史として、歴代天皇の話を軸に展開しているのだから長くなるのは当然で、電子書籍でなかったら気軽に持ち歩いて読み進めることが出来なかったと思います。縄文弥生時代のDNA鑑定結果や最新の学術成果が盛り込まれており日本史に詳しい方も情報をアップデートできるのではないでしょうか。皇族ならではの視点で天皇制がいかに継承されてきたかについて詳しく解説されています。特に鎌倉から江戸にかけての武家政権での天皇の話については教科書ではほとんど扱われないのでとても勉強になりました。そういえば歴代の天皇と言えば夭折された竹内睦泰さんが貴重な動画を配信されていました。

興味ある方は是非ご覧ください。昨日、娘を習い事に連れて行った待ち時間にちょうど読み終えたのですが、最後の参考文献の多さに圧倒されました。この本は一般書というより歴史学術書といった側面も持ち合わせている教養書です。著者のこれまでの調査・研究の集大成という感じとても読み応えのある読み物でした。参考文献の中に以前こちらで紹介した宝賀寿男著『「神武東征」の原像』が採り上げられていたのには嬉しく思いました。それ以外にも各時代ごとに丁寧な文献が紹介されており天皇を縦糸にしてそれらを書籍一つにまとめ上げる筆力には圧倒されます。私は著者とは同年代なので近現代史の問題意識も共通しており終盤部分は頷きながら読み進めることができました。

今後DNA・ゲノム解析や放射性炭素年代測定法の精密化、また宇宙線・ニュートリノを用いた内部構造探査などの科学調査の進展により欠史八代や古墳時代についての史実が明らかになっていくことを期待します。

2021年2月11日

2021年2月 山中湖、大平山

子供達が来ないというので久しぶりに妻とハイキング。冬の富士山が見れる軽めの登山、昼には帰宅したいというので山中湖畔の大平山に行くことにしました。朝5時過ぎに出発、7時前に山中湖畔の長池親水公園駐車場に到着。


2021年2月7日

2021年2月 三ツ峠山:浅間神社へ下山後徒歩で河口湖駅まで

 前回の続きです。開運山から御巣鷹山へ。


通信施設の脇を歩いていると大きな鹿2頭が50mほど先を通り過ぎました。夏に見る鹿よりも大きく角が立派でした。静かな山の中を御巣鷹山まで途中新雪を踏み込みながらゆっくり歩きます。見逃したかもしれませんが山頂には標識は見当たりませんでした。でも何故山頂だと分かったかというと今回初めてスマホにYAMAPというアプリを入れて使ってみたおかげです。


麓からの登山道で気付きましたが三ツ峠山は植生が豊かです。今度また違う季節に来てみたいですね。


2021年2月 三ツ峠山:三つ峠駅から山頂まで

 例年2月には山に行かないのですが、近くの200名山、300名山を探してルートを検討しました。その中で冬でもアクセスが良く景色がいい山として三ツ峠山に行くことにしました。どうせなら山名の由来となる三つのピーク(開運山、御巣鷹山、木無山)を登っておきたいということで、車だとピストンになりつまらないので久しぶりに富士急に乗って登山口までアクセスすることにしました。2/6(土)6時の電車で三鷹出発、三つ峠駅到着7:33でした。

三つ峠駅から仰ぐ三ツ峠山