2019年7月23日

最近読んだ話題の本

春の関西日帰り旅行の際に長女が『フォルトゥナの瞳』という本を読んでいたので気になって覗いてみると作者は百田尚樹さんでした。『フォルトゥナの瞳』以外にも『永遠の0』という小説が映画化され、『カエルの楽園』が話題となったベストセラー作家ですが、映画化されるような人気作家の作品にはあまり興味がなく敬遠していました。ところが、最近ネットメディア(ツイッターや虎ノ門ニュース)での積極的な発信に接し、気さくな関西弁で言いにくいことをズバズバと発言する人柄に触れることができ、今は亡き勝谷誠彦さんを彷彿とさせるようで、毀誉褒貶はあるでしょうが、個人的には好感を持ちました。そこで、最近話題になっている近刊2冊を読んでみました。


以前のエントリー

https://yasuabe.blogspot.com/2018/08/blog-post_9.html
https://yasuabe.blogspot.com/2018/08/blog-post_10.html
https://yasuabe.blogspot.com/2019/01/blog-post_17.html

でも紹介したとおり最近は日本の古代史に興味を持っていたので、日本の歴史を古代から現代まで通史としてまとめられているこの本は個人的にはタイムリーなものでした。文系の方で大学受験で日本史を学んだ(暗記した)人には知っていることばかりだったかもしれませんが、これまでこのような本が無かったこと自体が不思議です。確かに、近現代史のなかには事実確認が取れないものも多分にあるでしょうが、状況証拠などから専門家や職業作家が著作として自分の意見を問うのは全く問題ないはずです。むしろ、一般人には渉猟する時間も手段もない文献を読み込んだ筆者によるこのような通史が(その筆者の思想に関わらず)これからも活発に出版されれば、国内で歴史観についての議論も活発になり、海外に行っても信頼される日本人が育つと思います。本書では、戦後のメディア特に朝日新聞について痛烈に批判していますが、朝日新聞側からハッキリした反論がなされないのは不思議です。黙殺するつもりなのでしょうか?ただ、一般読者としては、本書だけでは判断しきれない部分もあるので一つの歴史認識(百田史観)として本書をとらえるのが妥当だと思います。今後は例えば磯田道史さんや呉座勇一さんといった歴史の専門家による日本通史が著されることを期待します。

日本の近現代史はやはりアメリカの占領政策の分析を抜きには語れないと思います。私がニューヨークに住んでいたころ同居していた中国人の留学生とその友達がアメリカ陸軍士官学校があるWest Pointに行きたいというので、レンタカーでWest Pointまで紅葉を見に行ったことがあります。West Pointの紅葉は有名で私は以前にも行ったことがあったので運転手役として頑張りました。というのも、私以外は皆中国人(男2人女2人)でどうしても中国語で盛り上がってしまうので道中私は蚊帳の外気味だったからです。そんな中、私に気遣ってくれたルームメイトによると中国の学生の間ではWest Pointは人気の観光スポットなので来れて良かったとのことです。中国の若者にはWest Pointがアメリカの豊かさの象徴として映ったのかもしれません。広大な敷地に風光明媚な環境、充実した施設。こんな所で学ぶことができれば立派な軍人になるだろうと容易に想像がつきました。マッカーサーもここ出身なんだなと思いながら資料館を見学していると第二次世界大戦で日本が調印した降伏文書が展示してあり当時全権大使の重光葵外相の署名が目に飛び込んできました。英文の中にドーンと毛筆の漢字で書かれていて、あぁ負けたんだなというのが教科書の歴史としてではなく実感として受け止めることができました。マンハッタンでミュージカルを楽しむのももちろんいいですが、日本人なら一度ぜひWest Pointに訪れてみてください。アメリカの強さ、豊かさが感じられると思います。

その数年前、確か2001年頃に親しくしていた別の中国人のルームメイトがメリーランド大学に移動するというので観光がてら付いて行ったことがあります。そのときメリーランド大学に居た知り合いに図書館に入れてもらったのですが資料の圧倒的な多さに驚愕しました。文書だけでなく古い日本の映画を含めた映像資料も大量に保管・公開されていました。また、当時ちょうど閲覧可能となった戦後の対日政策などを含めた外交資料も公開されていました。日本の学者・ジャーナリストにとってはとても貴重な資料であるはずです。これらの資料から戦後アメリカの対日政策を分析することは、今後の自立的かつ互恵的な日米関係を構築する上でもとても重要だと思います。それにしても、これらの機密資料を保管して、一定期間後に一般公開するというアメリカの度量の広さには感服します。日本では戦後、占領前に官僚たちは内部資料を一斉に焼却処分したそうですが折角作成した資料を燃やす官僚たちは無念ではなかったのでしょうか?それとも、保身から処分せざるを得なかったのでしょうか?公文書に対する彼我の意識の違いからも国力・文化力の差を感じざるを得ません。

2019年7月17日

2019年夏の北海道家族旅行:31年ぶりの奥尻島再訪

3連休を挟んで昨日まで7/12~7/16の行程で北海道に行ってきました。私は西日本、広島・長崎に行ってみたかったのですが妻が東京から新函館北斗までの新幹線の切符を購入してくれたので道南に行くことにしました。函館に行くのは1988年以来なんと31年ぶりです!その時、私は中学2年生。「家(うち)は子供が中2になったらゴールデンウィークに同性の親と2人で旅行することになってるから」と母が突然宣言したため、父と2人でその年の春にちょうど開通したばかりの青函トンネルを利用して北海道旅行にいきました。学校の先生には嫌な顔をされましたが、母が考えた「予め計画していた社会見学」という名目で連休中日の授業を休みました。ちなみに、3年後、妹が中2のときは母と長崎のハウステンボスに行ったそうです。

31年前は今はもう廃止された寝台特急八甲田に乗りました。その時、寝台車の中で矢野健太郎先生の新潮文庫シリーズ、たしか『数学ふしぎ・ふしぎ (新潮文庫)』あたりを読んだのはいい思い出です。当時はトンネル内に海底駅(竜飛・吉岡両駅)がありましたが、2014年に廃止されたようです。私は付いて行くだけだったので当時の行程はだいぶ忘れてしまいましたが、函館では湯の川温泉のホテルに宿泊しました。大沼でサイクリングをしたり、朝市でイカを食べたあと、今は廃線になった江差線に乗って江差に行き、奥尻島へのフェリーに乗船するまでの空き時間に江差のニシン御殿や江差追分の記念館を見学しました。奥尻島到着後はフェリー乗り場近くの民宿で豪華な夕食を頂きました。翌日はあいにくの曇り空でしたが半日ほど島内をハイヤーに乗って巡りました。観光案内にも記載されていましたがハイヤーの運転手さんが阪急ブレーブスの佐藤義則投手が奥尻島出身だと言うので、父も私も何故かすごく感心してしまいました。フェリー乗り場のある奥尻地区から南下して青苗、さらにその先の奇岩のあるところまで案内してもらいました。まだ道が繋がっていなかったので島内一周はできませんでした。江差到着後、確かバスで木古内のほうへ向かっていたのですが、途中で父が必死の形相で姿勢よく座っていたので、奥尻でのうに・あわび尽くしでお腹にきたのかと不安でしたが、なんとか休憩場所まで持ちこたえてくれたのでほっとしたというエピソードがとても印象に残っています。

それから5年後の1993年7月12日に北海道南西沖地震で奥尻島は津波で大被害にあいました。あれからもう26年、1995年の阪神・淡路、2011年の東日本大震災の衝撃があまりにも大きくて奥尻島の震災のことを覚えている人は少ないかもしれませんが(実際、妻は良く覚えていませんでした)、私は実際に行ったことのある青苗地区が瓦礫と化して火に包まれている映像に衝撃を受けたことを今でもよく覚えています。今ではとっくに復興しているであろう奥尻島にもう一度行ってみたくなり今回の旅行に組み込みました。行程の概要は以下の通り。

2019年7月3日

最近の話

最近は惰性で生活していてあまり書くこともなくどうしたものでしょう。先月来シジュウカラが巣箱に戻ってくれるかと期待していましたが今年は来てくれませんでした。冬にヒマワリの種をやったり、巣箱を掃除したり新しい巣箱を作ったり楽しみにしていたのに残念でした。巣箱が複数あると来なくなるようなのでそのせいでしょうか。巣箱の入り口の向きを少し変えたのも良くなかったかも。それでも最近は周りで盛んに鳴いているので寂しくはありませんが、巣箱に居ると居ないとでは距離感が全然違いますね。またいつになるかわからないけど気長に待つことにします。

先月初旬に妻がセルビアに行ったのでついでにジョコビッチの店に寄ってもらうよう頼んでおいたら、お土産に帽子を買ってきてくれました。今年は楽天オープンにジョコビッチが初参戦するそうなのでその時かぶって行こうかな。今年は久しぶりに決勝見に行くか。ちなみに、以前は予選は無料で観戦できたのでお得でした。2年前行ったときは1500円掛かりましたがそれでもお得です。有明はオリンピックに向け整備中なので今年の会場はまだ決まってないようです。

オリンピックと言えばチケットの抽選に全て落選しました。5歳の子供がいるので「みんなで応援チケット」(1枚2020円)をメインに申し込みましたがさすがに競争率が高かったのか全敗でした。サッカー(1次ラウンド)、体操(予選)、競泳(予選)、陸上(予選)、馬術(予選)、テニス(1回戦、決勝)すべてダメでした。(テニスの決勝以外は全て2020チケット)平日夜開催の馬術ぐらいは当たるだろうと期待していましたが甘かったです。せっかく東京でやるのだから都民としては是非見に行きたいと思っていましたが、残念でした。

この時期、毎年恒例行事となっている三鷹市テニス協会主催の団体戦に参戦しました。去年、一昨年と5部、4部で優勝しているのですが、今年は残念ながら(編成の都合で3部ではなく)4部で優勝できず昇格なりませんでした。来年は昇格目指して頑張ります。

下の子の保育園生活も残り9ヵ月。6月は面談、保育参観、夏祭りの行事がありました。夏祭りもこれが最後かと思うと感慨深いです。夏祭りは父母会と保育園との共催で、花火は父母会の担当です。父母会では子供たち(卒園児や近隣の子供たちも含めて)におもちゃの配布も行っていましたが今ではやっていません。父母会の活動自体も保護者の負担になっているようなので今後は花火もどうなるかわからないなあなんて思いつつも、来年以降は関係ないからあとは好きにしてもらえばいいかと諦観とまではいかないものの、ある種の寂しさを感じました。

なんだかネガティブなエントリーになっていしまいました。もしかして最近の生活が惰性に流れているのもこのような気分が原因かもしれません。このエントリーを機に切り替えたいと思います!