2021年4月5日

2021年春の家族旅行2:祖谷渓、桂浜

 前回の続きです。前日は終日三嶺に付き合ってもらったのでこの日からは観光気分で家族サービス。折角、祖谷まで来たのでまずはかずら橋へ行こうと思ったところ宿(ホテル秘境の湯)の近くにフォレストアドベンチャー祖谷という施設があり、寄ってみるとモノレールの乗り物(モノライダー)に乗れるというので宿からもらった三好市のクーポンを使って楽しみました。



ホテル秘境の湯全景

およそ8分のコース。座っているだけで春の山を満喫できました。子供たちも楽しかったようで家族連れにはお勧めスポットです。ペットもOKだそうです。その後、川まで降りようと思ったのですが結構な高低差で昨日の登山での筋肉痛もあり退散してそのままかずら橋へ。ちなみに秘境の湯の温泉は箱根の温泉のようにヌルヌルしていて肌がつるつるになります。素泊まりの予約でしたが、周りに食べるところが無かったため急遽お願いした夜のお弁当も朝食もとても美味しくお得でした。

さて、かずら橋を渡ってから河原に降りて石投げなどをして遊びました。その後、夢舞台というところでお土産を購入。





その後、大歩危(おおぼけ)に移動し人気の遊覧船に乗りました。



昔、地学で習った三波川(さんばがわ)帯の結晶片岩が露出しています。大学の時に行った長瀞と似た変成岩です。三波川帯なんて大学受験以来に聞いた用語ですが、群馬県にある利根川水系の一級河川が語源だったとは知りませんでした。青色の独特な石で表面は比較的つるつるしていて滑りやすいです。石庭などの観賞用にも使われるそうです。予報通りこの日は雲が多かったので昨日のうちに三嶺に行っておいて正解でした。

その後、32号を南下し高知まで。市内から新しい高速に乗り桂浜へ。


眼前には一面太平洋。瀬戸内とは違い男らしく荒々しい感じです。水族館で釣り体験などをしてホテル(土佐龍温泉三陽荘)まで。途中で土佐市の児童公園が楽しそうだったので子供と遊びました。


0 件のコメント: